麻雀AI製作とfloodgate for mahjong参戦

floodgate for mahjong(仮)画像  以前書いたように、最近天鳳で遊ぶ時間が減ったのですが、空いた時間を利用して麻雀AIを作成し、floodgate for mahjong(仮)というサイトで打たせています。 floodgate for mahjongは爆打を製作している東京大学の鶴岡研究室で運用されていて(参考)、ここ1ヶ月くらいサーバーが落ちていましたが数日前に復旧しました。 今までで打たせたAIは「由比ケ浜結衣」と「豪徳寺かよ」の2人(?)で、実力は天鳳の基準だとひいき目に見て最高八段、無難なところでは最高七段程度あたりでしょうか。 Bakuuchi201512は七段達成時のものと思いますから、おそらくそのくらいでしょう。 少なくとも現在手法が公開されているどのAIよりも強いのではないかと思います(爆打で論文化されているのは天鳳で最高R1850程度)。 最新版の爆打(最高八段達成)ともそこそこの勝負になるのではないかと思います。

 豪徳寺かよの方が新しいバージョンで、より強いと思うのですが、レートが有意に高いかというと微妙な気がします。 画像は、豪徳寺かよのレートが最も高くなった時のもので、時々floodgate for mahjongを覗くと、だいたい2000前後をうろついています。 由比ケ浜結衣の最高レートは2060くらいあったような気がするのですが、これは運営側が用意した全ツッパAIがたくさんいたころのものなので、あまり参考にすべきでないかもしれません。 ただ、4つのAIが無限にセット麻雀をやっている現在と、由比ケ浜結衣が4000戦打ち終わった時とでmanue-0とsilicaのレートがあまり変わっていないので、良い指標になっている可能性もあります。

 floodgate for mahjongは開設の目的としては、上で紹介したツイートのリンクにあるスライドにもあるように相手が固定されないようにして新しいバージョンと古いバージョンの強さ比較を行えるようにすることなのですが、それを実現するにはもう少し参加者が必要そうです。 そもそも、名前を変えてバージョン変更したのが自分だけという状況で...。

 天鳳で打たせてみたい気も少しはあるのですが、制約が多くて面倒なのと、打牌は画像認識をやらないと難しそうだと思っていたところにfloodgate for mahjongができたので、今はそれでいいかなという感じです。 天鳳プレイヤー個人の意見としても、打数の多いAIが天鳳で増えることには少し慎重な方がいいのかなと思っています。 また、天鳳で打たせることよりはアルゴリズムの改良を優先したいです。 現在のアルゴリズムだと、面前の高い手や愚形の役無しでもだいたいリーチしちゃいますし、カンも未実装で、他にもいろいろ雑な部分が多いです。 自分が牌譜検討する中で見つけた疑問手の中には、比較的簡単に修正できそうなもの、修正できそうだけど面倒なもの、修正手法が思い浮かばないもの、といろいろありますが、製作したAIが当初の想定よりは上の実力を持ってそうなので、焦らず着実に進めていきたいですね。

HOME